京街道

2013年12月19日 (木)

■河内 治水のみち5 剣畷(守口-放出)

2013年11月14日



茨田堤の若干のまとめ

 茨田堤のお話しは守口で終りですが、次の話題に少し関連もありそうなので、行く前に、茨田堤の整理をしておきましょう。整理といっても、古代のよくわからない事績ではきっちりとした整理もできませんが、それこそ「カン」でエイヤアと整理したもので、事実である保証は全くできません。

 今回、全面的に参照させてもらっている、いこまかんなび さんの記事「河内・摂津両国堤と放出」によれば、
http://www.geocities.jp/iko_kan2/sekka.html 

(A) 茨田堤については、古くから二重あったとされ、『大日本地名辞書』には「淀川の茨田堤は二線あり、一線は枚方伊加賀崎より守口を経て難波大坂に至る者是外堤なり、一線は島頭にありて断間の決潰に備ふる者是内堤なり」という。

(B) 堤の西端は、何処の堤と接続されたのかよく分からないが、後に改めて設定された河内国と摂津国境の北西角に接続されたことは当然考えられる。

 二重の茨田堤については
【外提】・・・衫子絶間-対馬江(津嶋部神社)-守口-土居(守居神社)-強頸絶間・・・・・これは淀川本河の左岸の防備。寝屋川市の対馬江は古代は文字どおり「江」と考えられることと、土居の守居神社は土居を作ってその高みに造営され、天道神、太歳神、歳殺神、塞神社(八衢比古神、八衢比売神)など路傍の神、塞の神系の神様や清瀧明神が祀られていることから堤防道にあったと思われるからです。
【内堤】・・・石津-寝屋川・池田、大利-大和田(堤根神社)-島頭-稗島(堤根神社)-放出・・・・・これは旧古川左岸の防備。

 いずれも、淀川から河内湖の名残として残った深野池や新開池の低湿地に洪水が流れ込むのを防止するためでしょう。二重の茨田堤は、外提と内提の間は農地となり、後に茨田屯倉(みやけ)とされていたことからの支持されるものと思います。

続きを読む "■河内 治水のみち5 剣畷(守口-放出)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

■河内 治水のみち4 大庭-京街道守口宿

2013年11月14日 守口
2013年12月12日 土居


 堤防を下りて、守口宿へ向かいます。
 文禄堤は地図に示したように、現在の堤防に近いところを通っていたようです。
http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/know/rekisi/kakawar.html
京街道は、ここ大庭から堤防を(文禄堤を)いったん離れて、守口宿でまた合流することになります。

より大きな地図で 劍堤 を表示

続きを読む "■河内 治水のみち4 大庭-京街道守口宿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■河内 治水のみち3 太間-佐太-大庭

2013年11月14日


   

 いったん、太間にもどり(頭の中で)、再スタートです。
 このまま、堤防上の京街道を守口まで行ってもよいのですが、金田の津島部神社に寄りたいので、堤防道から離れて、途中、点野から仁和寺を通っていきます。

 

6.津嶋部神社へ

■太間水路のみち
水路沿いの道を歩きます。
P1280822

別に遊歩道という訳ではないでしょうが、気持の良い道です。ただし、旧国道1号が横を走っているのでうるさい。こういう状態が守口の大庭あたりまで続きます。

P1280831

続きを読む "■河内 治水のみち3 太間-佐太-大庭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

■河内 治水のみち1 木屋-絶間

2013年11月14日 寝屋川


 「河内 治水のみち」、そんな名前の道がある訳はないのですが、色々調べていくと河内の街道は堤防の上を通っているケースが多いのが分かり、その道をたどってみたいと思いました。
 夏に巨椋池跡を歩き、その後枚方あたりの淀川河畔をあるいた続編でもあります。もっと言うならば、以前、放出の阿遅速雄神社に行って、そのレポートを考えている時に、この阿遅速雄神社は、「旧の河内と摂津両国の境を南北に築造された長大な古代の国堤=劔堤上に鎮座し、古代の河内湖の東方に連なる生駒山、あるいは伝饒速日山=草香山を向いて鎮まる。祭神は、阿遅スキ高日子根神。住吉大社の子神として登場する「味早雄神」にあたり、住吉大神とは深いつながりのある古社の一つです。」
http://www.geocities.jp/iko_kan2/ajihayao.html (いこまかんなび さん)
という記述が見つかり、これは調べないといけないと思ったのです。
 さらにまた、長大な古代の国堤=劔堤は、守口から放出を貫いて足代以遠まで続き、茨田堤、横野堤、長瀬堤、渋川堤、平野付近の河内摂津両国の境堤等と連動して、河内湖を含む河内平野を、畿内中枢での豊な生産地域とするもので、難波の地を、大陸に直結する港津を構えた水上・陸上交通の要衝、各種先進技術をもった頭脳集団を集める地域として重視していたと考えられる、という意味づけがありました。
http://www.geocities.jp/iko_kan2/sekka.html
 確かに、王権をさらに磐石にするため、戦略的に開発しようとしていたのではないか。そうすると、剣堤は王権の第2の支配縦軸です。劔堤は後の劍街道、改め中高野街道であるので、遺構はないにせよ歩いてみないといけないと思った訳です。

P1280777

 まずは近場の茨田堤と文禄堤から。あとは摂津/河内国境を走っていたという剣畷。以後、河内平野の主要河川跡を巡ります。

続きを読む "■河内 治水のみち1 木屋-絶間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)