尊延寺越

2015年6月27日 (土)

神君伊賀越のみち(3)槍越え

 穂谷に来ています。ここで家康一行は仮眠休憩くらいはしたかも知れない。

【なぜ穂谷?】
 さて、家康一行はどうして、穂谷-尊延寺と、まっさきに穂谷に来たのでしょう。

~家康 伊賀越え~「つつきのみち」つつきはっけん実行委員会編 では
6月2日夕方、穂谷着、普賢寺の百姓新八と出会う。穂谷の白井家で宿泊。翌6月3日明け方、新八、穂谷の百姓忍兵衞の案内を受け草内の渡しまで

と、 えらく具体的に書いてあります。そういう文書があるのかどうかは知りませんが、新しく道案内を頼んだのは納得できます。ただし、「たまたま」新八と出会う というのが、分かりません。全くの予想ですが、「穂谷に行ったら、○○さんを訪ねて行けば便宜をはかってくれる」とアドバイスを受けたのではないか と・・・平井氏にすればそのくらいのことはできるでしょう。行き先々で「たまたま」援助者に出会った、というのはどうも考えにくい。道案内じゅずつなぎが きるように、予め信用できる援助者、縁故者を想定していたのかと思います。その位の戦略家でないと、天下は取れんぞ。
 狭戸から高船や天王経由で普賢寺谷に直接降りなかったのは、穂谷を中継点としたのかも知れません。
R0010816 ◆穂谷の里

続きを読む "神君伊賀越のみち(3)槍越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

神君伊賀越のみち(2)穂谷越え


 これから穂谷へ向かいます。
 さて、平井氏が、また沙弥安と「けんしき」がどこを案内したのか、それが問題です。

【かいがけ道傍示越】
 星田から穂谷へ行くのは「かいがけ道」が最短でしょう。これは歩きやすい古道で、河内の傍示を通り傍示越えで大和傍示に至り、天王経由で穂谷に降りる。また、高船経由で普賢寺谷に降りるのも簡単です。
 問題は河内傍示に伊丹氏がいることです。かつて摂津国伊丹城の城主であった伊丹兵庫守親興が、足利義昭に加勢して織田信長と戦った。結果、敗退し、高槻芥川城に逃げ込んだものの、この城も織田方の荒木村重に落とされ親興は討死した。残った「伊丹一族」は淀川を渡って交野の地に逃げこんだが、織田方の追手が厳しく、竜王山のうしろにある「傍示の里」に入り込んだ。伊丹氏が傍示の里にやってきたのは天正元年(1573)のことと言われています。
http://www.konishi.co.jp/html/fujiyama/itaminorekishi/Part_4/page10.html

 以来9年、せっかく安住の地を見つけた伊丹氏にしてみれば戦闘意欲はなくなっているにしても、30人もの武者が迫ってきたら、「まだ追って来るのか!」 と、悪くすれば死に物狂いで戦うことにもなるでしょう。家康は伊丹氏の情報も仕入れていて、そんな場所には近づかない。要は、危ないことはなにもしない、 誰にも会わない。これが行動の基本だったでしょう。
P1120109R1219917 ◆かいがけ道          ◆河内傍示

続きを読む "神君伊賀越のみち(2)穂谷越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

穂谷から興戸へのみち(3) 槍越へニアミス

2015年4月16日


 河内から山城への尊延寺越といわれる三つの峠を越えてみたいのですが、全部は無理です。
Stitched_003 ◆防賀川源頭の尾根を越えた所から宇頭城谷を望む


 大阪府教育委員会の報告書によると、「天神森越の道筋は国道が、水取越の道筋は府道がそれぞれ踏襲しているが、旧道は消滅している。槍越は土取りなどで旧道は殆ど消滅している。」
  天神森越は現在は国道307が通っていますので歩く気がしません。水取越は数回通りましたが、今後もあまり歩きたいとは思いません。
 槍越は現在は写真のような感じで、地形そのものが変わっていそうですし、多分、建設会社の私有地になっていると思うので、とうてい通れません。
R0010819cc R0010909cc





◆穂谷から          ◆水取越付近の国境尾根から

  しかし、昔の地図をみると、ここに尊延寺越-槍越で興戸に至る街道が通っていたらしいのです。穂谷からほとんど一直線に、そんなに急な登りもなくダラダラと道が続いて、酒屋神社裏手の溜め池に通じています。穂谷から見ると砂山の右手に人口くさい山。水取越付近の国境尾根から見ると、その山の奥にもう一山人工くさい山があります。この山の上あたりか、その山裾を街道が通っていた。
On_the_web__3line
◆明治41年測図、明治45年発行、2万分1高山-時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により、道筋に着色作成

 通れないけれども、できるだけ近くまで行ってみたいと、山城側からアプローチしてみました。興戸から入り、酒屋神社をかすめて、防賀川を遡り、できるだけドンツキまで行って、尾根を越え普賢寺宇頭城に下り、普賢寺谷をくだる、こんなコースです。防賀川のドンツキは椿本チェインの工場と、さっきの土取り残土置場なので、どこまで接近できるかです。

今日のコース(黄色のライン)
Google

続きを読む "穂谷から興戸へのみち(3) 槍越へニアミス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)