穂谷

2015年6月27日 (土)

神君伊賀越のみち(3)槍越え

 穂谷に来ています。ここで家康一行は仮眠休憩くらいはしたかも知れない。

【なぜ穂谷?】
 さて、家康一行はどうして、穂谷-尊延寺と、まっさきに穂谷に来たのでしょう。

~家康 伊賀越え~「つつきのみち」つつきはっけん実行委員会編 では
6月2日夕方、穂谷着、普賢寺の百姓新八と出会う。穂谷の白井家で宿泊。翌6月3日明け方、新八、穂谷の百姓忍兵衞の案内を受け草内の渡しまで

と、 えらく具体的に書いてあります。そういう文書があるのかどうかは知りませんが、新しく道案内を頼んだのは納得できます。ただし、「たまたま」新八と出会う というのが、分かりません。全くの予想ですが、「穂谷に行ったら、○○さんを訪ねて行けば便宜をはかってくれる」とアドバイスを受けたのではないか と・・・平井氏にすればそのくらいのことはできるでしょう。行き先々で「たまたま」援助者に出会った、というのはどうも考えにくい。道案内じゅずつなぎが きるように、予め信用できる援助者、縁故者を想定していたのかと思います。その位の戦略家でないと、天下は取れんぞ。
 狭戸から高船や天王経由で普賢寺谷に直接降りなかったのは、穂谷を中継点としたのかも知れません。
R0010816 ◆穂谷の里

続きを読む "神君伊賀越のみち(3)槍越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

神君伊賀越のみち(2)穂谷越え


 これから穂谷へ向かいます。
 さて、平井氏が、また沙弥安と「けんしき」がどこを案内したのか、それが問題です。

【かいがけ道傍示越】
 星田から穂谷へ行くのは「かいがけ道」が最短でしょう。これは歩きやすい古道で、河内の傍示を通り傍示越えで大和傍示に至り、天王経由で穂谷に降りる。また、高船経由で普賢寺谷に降りるのも簡単です。
 問題は河内傍示に伊丹氏がいることです。かつて摂津国伊丹城の城主であった伊丹兵庫守親興が、足利義昭に加勢して織田信長と戦った。結果、敗退し、高槻芥川城に逃げ込んだものの、この城も織田方の荒木村重に落とされ親興は討死した。残った「伊丹一族」は淀川を渡って交野の地に逃げこんだが、織田方の追手が厳しく、竜王山のうしろにある「傍示の里」に入り込んだ。伊丹氏が傍示の里にやってきたのは天正元年(1573)のことと言われています。
http://www.konishi.co.jp/html/fujiyama/itaminorekishi/Part_4/page10.html

 以来9年、せっかく安住の地を見つけた伊丹氏にしてみれば戦闘意欲はなくなっているにしても、30人もの武者が迫ってきたら、「まだ追って来るのか!」 と、悪くすれば死に物狂いで戦うことにもなるでしょう。家康は伊丹氏の情報も仕入れていて、そんな場所には近づかない。要は、危ないことはなにもしない、 誰にも会わない。これが行動の基本だったでしょう。
P1120109R1219917 ◆かいがけ道          ◆河内傍示

続きを読む "神君伊賀越のみち(2)穂谷越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

神君伊賀越のみち(1)星田まで

 今年は、慶長20年5月7日(1615年)の大坂城落城と翌8日の豊臣秀頼の自害により大坂夏の陣が集結、豊臣の時代が終って400年ということです。その400年を迎えて、大坂は盛り上がったというと、そうそうは盛り上がらなかったようです。別の夏の陣では盛り上がったけど。
 大阪ではどちらかというと家康人気はないですね。しかし、真田幸村(実名は信繁)の真田軍の活躍はめざましく、大方の大阪人は幸村ファンなのではと思う。

 ここではあえて、大阪ではあまり人気のない(と思う)徳川家康の伊賀越えのルートをたどってみます。
底本は、「徳川家康 伊賀越逃走記」西井長和 著
     「星田と徳川家康公」西井長和 著
Scn_0001 Scn_0010 ◆西井長和本

 この西井氏の想定ルートをできるだけ辿っていくという趣向です。しかし、ゴルフ場等に遮られている場所もあるので、そこはパスして、通しで歩いているのでなく、細切れで繋いでいます。従って、写真に写っている季節もまちまちです。
 おことわりですが、ボクは家康を「神君」というほどもてはやしもしないし、かといって全くキライな訳でもない。ちょっとニスイ(方言です、大阪の「ずっこい」、や「こすい」に近い)と感じられるのがイヤですが、評価すべき点も多々ある。好ききらいの話は置いといて、ごろがいいので「神君伊賀越え」と書いていきます。

続きを読む "神君伊賀越のみち(1)星田まで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

穂谷から興戸へのみち(1) 宇頭城まで

2015年4月2日


 今日は、河内は穂谷から、河内-山城国境尾根を通って山城は普賢寺宇頭城、峠越えして興戸へ出ます。河内から山城への尊延寺越といわれる三つの峠を越えてみたいのです。

 大阪府教育委員会の報告書によると、「天神森越の道筋は国道が、水取越の道筋は府道がそれぞれ踏襲しているが、旧道は消滅している。槍越は土取りなどで旧道は殆ど消滅している。」
  とすると、一番北にあるのが、天神森越。尊延寺から分れて来ますが、現在は国道307が通っています。これは田辺街道でしょう。その次が、槍越。土取り、残土置場になっていて通れません。 枚方市のサイトでは尊延寺越道として、尊延寺から東北に山越えをするように道が描かれています。行き着く先は興戸です。途中、針木谷を下って、あるいはその北の尾根を下って、宇頭城経由で、普賢寺谷へ降りるようにもなっていたのでしょう。 https://www.city.hirakata.osaka.jp/site/kyoiku/higasikouyakaidou.html
一番南が水取越。これは峠越えしてすぐに、宇頭城に行く道と、水取経由で精華町や打田経由で大和に至る道に分れます。
 いろいろWEBを見ていると、その他に宇津木越というのがあるそうですが、水取越から分岐して宇頭城に行く道なのか、槍越の手前から分れて、地図の「普賢寺峠の裏」と描かれたあたりから、普賢寺千草原に下って、宇頭城に至る道なのか、よく分かりません。

R0010944
◆宇頭城のみち

 今回は、穂谷から入って、国境尾根上を水取越の峠に至り、宇頭城へ下ってみます。さらに宇頭城の谷を遡って峠を越え、興戸まで歩きます。地図には峠越えの道が描いてありますが、はたして道があるのか?

Google
◆GoogleMapに書き込み

続きを読む "穂谷から興戸へのみち(1) 宇頭城まで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

くろんど越(自称)・横峯越・穂谷点描

2014年11月24日



 磐船の磐座も堪能できたので、これからくろんど池-横峯越-穂谷へと向かいます。この頃の定番散歩コースです。


1.くろんど一直線 

 ある目的のため、哮ヶ峰、磐船あたりからくろんど池に至る近道を探しています。

Pb240823
◆磐船トンネル

 いかるが橋のところからくろんど池にいくには・・・・私市ゴルフ場を突っ切るのが最も近道です。 それ以外は、私市・月の輪滝まで戻って、尺治川を遡って行くルートは魅力的ですが、大回り。 さりとて、磐船越、田原越えで高山経由ではいかにも大回り。磐船を越えて、八丁岩南の八丁池をかすめて東に行き、高山に至る道もありますが、これでも遠まわり。 ちょうどご婦人のハイカーにくろんど池に行く道を聞かれまして、ゴルフ場コースを教えましたが、どうもゴルフ場を通るのは厭なようで、私市に下って行かれました。途中、歩道がない場所があるので、注意が必要です。

続きを読む "くろんど越(自称)・横峯越・穂谷点描"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

穂谷川をあるく(2) 横峯越-穂谷里山

2014年10月30日



 穂谷川上流は歩くにはイマイチだったので、もっと穂谷らしい所を歩きたいと思います。
 穂谷は2009年に「にほんの里100選」に選ばれていて、穂谷の水田(棚田)、池沼(溜池)、里山がその構成要件となっています。WEBでもいろいろ探訪記が出ていますが、コスモス園とか、圃場整備したあとの田んぼを見たりしていて、「それは本来の里山と違うやろ」と。場所も、写真を見ると、穂谷集落や、枚方の野外活動センターに登るえびこ道周辺が多くて、違うとは言えないまでも、核心をかすっているだけな感じがします。しかし、穂谷で活動しているNPOや市民団体などは、さすがに核心部である穂谷の奥の谷を歩いているようです。

Pa303159
◆穂谷の奥の谷最奥部

 ボクは横峰越を越して、尾根道を通って穂谷へ降りるケースが多いのですが、もっと穂谷の山里の核心を歩いてみたいというのが今回のテーマです。
 さて、横峰越も、棚田、溜池、里山はなかなかのものですが、この横峰越を歩いた後、穂谷の奥の谷に直接降りることはできないかな。そうすれば、違う里山を二度楽しめる。穂谷の尾根筋を最後まで歩いて、後戻りする形で穂谷の奥の谷にも行けますが、ちょっと重複感があります。

 そこで考えたルートは・・・
私市-尺治川ーくろんど園地-くろんど池ー(場合により、大和傍示-天王道)-高山狭戸の谷-横峰越・・・尾根下降・・・穂谷奥の谷-穂谷
こんな感じです。

より大きな地図で 穂谷奥の谷 を表示

 ここで、穂谷の里山の核心部の谷は固有名詞を知らないので、ここでは「穂谷奥の谷」としておきます。
 穂谷奥の谷にどうやって降りるかですが、地図から(1)三国境のピークから西北に降りる尾根、(2)三国境から天王への山道が東に折れ曲がる地点から西に降りる尾根を探索することにします。

■尾根の下降ルート(地理院地図)Yokominene


続きを読む "穂谷川をあるく(2) 横峯越-穂谷里山"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

穂谷川をあるく(1) 穂谷川源流-穂谷

2014年10月28日


 ある人のリクエストという訳ではないんですが、穂谷川を水源から下ってみることにしました。穂谷川は、いつも好んで歩いている、今で言う京阪奈府境付近、山城・河内・大和の三国境付近を水源としているのです。 お気に入りの横峰越とからめて、穂谷川水源を探索し、穂谷、尊延寺、藤阪、牧野と歩いて淀川に下ってみようという趣向です。

 地図をみると、穂谷川の源流は、郡南街道(枚方郡山線)が交野山の南で越える峠から北に200mほど延びている小さな尾根の東斜面らしい。ゴルフ場で地形が変わっているかも知れませんが、穂谷川はそこから、ゴルフ場の南コースの際をかすめて、霊園を通り過ぎて流れ下ります。 尾根の先端の小ピークには送電鉄塔があって、そのすぐ北はゴルフ場になっています。そのエリアの雨水は白旗池の上流になっていて免除川-天野川と流れて行くようです。
 まずは送電鉄塔のあるピークに行ってみます。

P1040360
◆穂谷川上流、畜産団地付近

■地理院地図
Photo

■GoogleMap(新)
これは使えんなあ!?拡大切出しカスタマイズはどうするんやろ?

続きを読む "穂谷川をあるく(1) 穂谷川源流-穂谷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)