淀川

2016年9月 9日 (金)

浪花八渡 大阪渡船場めぐり(2)

2016年9月9日


 これから木津川運河を渡って船町へ渡り、木津川を渡ったり渡り返したりで大正駅に向かいます。
 基本的に工場地帯でしょうな。明治の終わりから大正にかけて、木津川沿いや船町も埋め立てられ、セメント、製鉄、造船、化学などの大工場が進出し、臨海重工業地帯を形成しました。特に船町はひとつの島の様相で、今も造船、鉄鋼、重化学の工場が健在です。

大正わがまち百科:http://www.osakacommunity.jp/taisho/machi_wagamachi.html
大阪渡船公式:http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011242.html

P1010254
◆重化学プラント

続きを読む "浪花八渡 大阪渡船場めぐり(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浪花八渡 大阪渡船場めぐり(1)

2016年9月9日


 いつも山ばかり登っているので、たまには海辺へ。
 大阪には8つの渡船場がありまして、かなり前には甚兵衛渡を渡ったことはあります。近隣の市民の足として定着していて、なかなか風情のある渡しだったので、今度は8つの渡しを繋いで歩いてみようと思います。
 甚兵衛渡は2008年に通りましたが、その翌年の冬に計画していて延び延びになっていたものです。途中、天保山登山と、甚兵衛渡に近く、三先まで回って、昔の仕事場の雰囲気を楽しむというオプション付きです。第1回目は桜島駅から鶴町まで。さてどうなっているか?

大阪渡船公式:http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011242.html

P1010182
◆今日の最高地点(橋上は除く)・天保山

続きを読む "浪花八渡 大阪渡船場めぐり(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

穂谷川をあるく(1) 穂谷川源流-穂谷

2014年10月28日


 ある人のリクエストという訳ではないんですが、穂谷川を水源から下ってみることにしました。穂谷川は、いつも好んで歩いている、今で言う京阪奈府境付近、山城・河内・大和の三国境付近を水源としているのです。 お気に入りの横峰越とからめて、穂谷川水源を探索し、穂谷、尊延寺、藤阪、牧野と歩いて淀川に下ってみようという趣向です。

 地図をみると、穂谷川の源流は、郡南街道(枚方郡山線)が交野山の南で越える峠から北に200mほど延びている小さな尾根の東斜面らしい。ゴルフ場で地形が変わっているかも知れませんが、穂谷川はそこから、ゴルフ場の南コースの際をかすめて、霊園を通り過ぎて流れ下ります。 尾根の先端の小ピークには送電鉄塔があって、そのすぐ北はゴルフ場になっています。そのエリアの雨水は白旗池の上流になっていて免除川-天野川と流れて行くようです。
 まずは送電鉄塔のあるピークに行ってみます。

P1040360
◆穂谷川上流、畜産団地付近

■地理院地図
Photo

■GoogleMap(新)
これは使えんなあ!?拡大切出しカスタマイズはどうするんやろ?

続きを読む "穂谷川をあるく(1) 穂谷川源流-穂谷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

河内水紀行 寝屋川下り(4) 京橋

2014年9月24日



 寝屋川下りの途中、寝屋川(街の名)あたりで徘徊を続けていますが、まだ整理中です。それは後回しとして、4回目としては京橋の徘徊をお届けします。前回8/29は放出あたりで雨に降られてJR京橋駅で打ち切ってしまったためです。
 すでに河内は通り越していて、さらに今回は寝屋川を遡る格好ですが、寝屋川下りシリーズに入れておきます。

 久しぶりに梅田に出てニッカーボッカーを買った帰りに京橋に立ち寄りました。正確には大阪城北詰・片町からです。

ただいまブログ引っ越し、再整中です。本文はこちらからお願いします。
http://dokodemo-sanpo.cocolog-nifty.com/walkin/2014/10/4-ebb3.html

P1030140s
◆寝屋川河口・大川との合流点

より大きな地図で 鯰江川古川  を表示

 大阪城北詰駅を出たらまた雨がポツポツきました。ま、水紀行ですから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

河内水紀行 寝屋川くだり(3)深野池跡ー京橋

2014年8月29日

 前回(8/24)は昼から雨で、エライ目にあいまして、太子田で中断となりました。再度のリベンジを期して・・・  今回は、四條畷ー深北緑地ー岸和田ー御領・氷野ー太子田で寝屋川に接続ー鴻池新田ー徳庵ー新喜多ー京橋と歩きます。

 ただいま、ブログ満杯ー引っ越し再整理中です。全記事はこちらを参照ください。 4回シリーズとなります。http://dokodemo-sanpo.cocolog-nifty.com/walkin/2014/09/3-ce0a.html

P1020007

より大きな地図で 河内水紀行(旧) を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

■河内 治水のみち8 長瀬川をあるく

2013年12月  7日

 以前、司馬遼太郎記念館に行った時、河内小阪からのルートを地図をみていて、みちが )曲線を描いているのに気がつきました。それもやや並行するように、))となっていました。その時は、それ以上詮索しなかった(そんなマインドがなかった)ですが、放出の剣堤と平野川繋がりで、長瀬川のことを調べていると、「長瀬川を訪ねて」というサイトを見つけました。
http://music.geocities.jp/mtaketoshijp/newpage8.htm

 それによると、そのものずばり「長瀬川の堤防」でした。その長瀬川堤防跡を探しながらあるいてみます。


より大きな地図で 劍堤 を表示


続きを読む "■河内 治水のみち8 長瀬川をあるく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)