星田

2016年9月11日 (日)

星田の東高野街道

2016年1月13日



 冬の散歩を今頃!
 久しぶりに東高野街道に散歩にでた時の記録です。別にアップしなくてもいいようなもんですが、何か気になっていて・・・

 右手はパチンコ屋ですが、私有地というのはパチンコ屋のことでなく、正面の何かの業者の私有地です。少し先にバイクのおばさんが佇んでいますが。何かな?あの辺りまでは通行OKにしてくれてもよいのに。
R7313065

 大回りして、さっきのばいくのおばさんがいたところにきました。ここは東高野街道ですが、その縁は全然ありません。墓地への専用通路としてしまったようです。「東高野街道」の記載くらいあってもよさそうなものですが、そんなことにはとんと関心もないらしい。まあ、廃材置き場なんかとして転用されるよりかはマシとしましょう。R7313067

星田墓地のお地蔵さん
星田墓地はいつできたか知りませんが、相当古い。知り合いのお家の墓もココにありますが、古くて墓石も壊れ、手狭になった墓地を廃して、新しい敷地に墓を建てていますて。R7313078

何回もこの墓地には行きましたが、じっくりとお地蔵さんのお顔を拝見したことはなかった。優しいお顔です。

R7313076

お地蔵さんほど忙しい仏像はないかと・・・・だいたいは野ざらしで、時には首を取られたり、袈裟懸けに切られたり、おまけに自分のためにではなく、ほとんどは人様のために・・・まさに八面六臂のご活躍です。そのご活躍の結果がこのお顔にあらわれているのでしょう。まことに安らか。

R7313074

 これは自動車道路沿いのお地蔵さん。前後には工場があります。ちょっと騒がしいところですが、お墓参りの駐車車で隠れてしまうことも度々ですが、特に文句を言われることもなく・・・「これがワシの仕事なんや」と。まことに安らかであります。

R7313080

 この後、天野川に出て、川沿いのいつもの散歩コースに入って家に向かいました。

(終わり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

神君伊賀越のみち(1)星田まで

 今年は、慶長20年5月7日(1615年)の大坂城落城と翌8日の豊臣秀頼の自害により大坂夏の陣が集結、豊臣の時代が終って400年ということです。その400年を迎えて、大坂は盛り上がったというと、そうそうは盛り上がらなかったようです。別の夏の陣では盛り上がったけど。
 大阪ではどちらかというと家康人気はないですね。しかし、真田幸村(実名は信繁)の真田軍の活躍はめざましく、大方の大阪人は幸村ファンなのではと思う。

 ここではあえて、大阪ではあまり人気のない(と思う)徳川家康の伊賀越えのルートをたどってみます。
底本は、「徳川家康 伊賀越逃走記」西井長和 著
     「星田と徳川家康公」西井長和 著
Scn_0001 Scn_0010 ◆西井長和本

 この西井氏の想定ルートをできるだけ辿っていくという趣向です。しかし、ゴルフ場等に遮られている場所もあるので、そこはパスして、通しで歩いているのでなく、細切れで繋いでいます。従って、写真に写っている季節もまちまちです。
 おことわりですが、ボクは家康を「神君」というほどもてはやしもしないし、かといって全くキライな訳でもない。ちょっとニスイ(方言です、大阪の「ずっこい」、や「こすい」に近い)と感じられるのがイヤですが、評価すべき点も多々ある。好ききらいの話は置いといて、ごろがいいので「神君伊賀越え」と書いていきます。

続きを読む "神君伊賀越のみち(1)星田まで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

くろんど越(自称)・横峯越・穂谷点描

2014年11月24日



 磐船の磐座も堪能できたので、これからくろんど池-横峯越-穂谷へと向かいます。この頃の定番散歩コースです。


1.くろんど一直線 

 ある目的のため、哮ヶ峰、磐船あたりからくろんど池に至る近道を探しています。

Pb240823
◆磐船トンネル

 いかるが橋のところからくろんど池にいくには・・・・私市ゴルフ場を突っ切るのが最も近道です。 それ以外は、私市・月の輪滝まで戻って、尺治川を遡って行くルートは魅力的ですが、大回り。 さりとて、磐船越、田原越えで高山経由ではいかにも大回り。磐船を越えて、八丁岩南の八丁池をかすめて東に行き、高山に至る道もありますが、これでも遠まわり。 ちょうどご婦人のハイカーにくろんど池に行く道を聞かれまして、ゴルフ場コースを教えましたが、どうもゴルフ場を通るのは厭なようで、私市に下って行かれました。途中、歩道がない場所があるので、注意が必要です。

続きを読む "くろんど越(自称)・横峯越・穂谷点描"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

■弁財天の谷と萱尾八丁古道探索

2015年2月21日

 実に久しぶりの星田の山です。さらに、約3か月ぶりの山歩きです。

 「星田の山と谷をくまなく歩く」というテーマで歩いておりますが、だいたいの谷筋は歩いたものの、寝屋川(川名です)の最東になる谷を歩いていませんでした。場所は、傍示川-地獄谷川の最も東、「宗圓ころり」の尾根筋のすぐ西にある支谷。これより東、宗圓ころり尾根の東の谷は妙見川で天野川水系となり、はるばる枚方で淀川に合流し、京橋で寝屋川と合流します。
 さらに、大昔、まだ小松寺があったころには、星田の人は、現在の南星台の地を通り地獄谷川を遡って、途中、弁財天の尾根道か萱尾八丁の尾根道を通って、北の小門経由、西の大門から小松寺に入って行ったといいます。廃寺になってからは多分星田の人の柴刈り山への道となっていたのでしょう。 (廃)小松寺は、平安期の845年から江戸元禄期の1703年まで星田山中の小松山にあった七堂伽藍の真言宗東寺はのお寺です。今は昭和40年頃からゴルフ場(現在は、ゴルフクラブ四條畷。)の一部になって入れません! http://www.eonet.ne.jp/~k-oya/haikomatutera.html  

 

さらにさらに、そのメインルート(萱尾八丁道としてよいのか?)も南星台の奥にD大のグラウンドができて、あろうことか、通行禁止にしているので、萱尾八丁の古道自体も通れません。使わない道は消えて行くばかりですが、数年前吉本山東谷を下ったときには、下部のほうにはまだ道が明瞭に残っていたので、尾根道もまだあるはずです。その道を探しに行きます。

「散歩」とは言いがたいので「山野跋渉」のブログにアップしております。こちらを見てください。

サイズ変更P2211462
◆弁財天尾根をのぼる古道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

河内水紀行 寝屋川くだり(1)星田を下る

                   2014年8月5日

2.星田を下る傍示川

 ここ数日、お天気がぐづつき、梅雨みたいなお天気でしたが、今日はまずまずです。風があって涼しい。ですが、歩いているとやはり暑いです。

P1010495

◆今日の天気は・・(9:33)

続きを読む "河内水紀行 寝屋川くだり(1)星田を下る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河内水紀行 寝屋川くだり(1)源流徘徊

 星田の山と谷を歩いていますが、その谷は交野市星田なのに、大半が寝屋川(河川名です)の水源になっていました。この水源から遡りあるいは下りはじめて、一度寝屋川を最後まで下ってやろうという趣向です。

 星田の山々は300mにも満たない低山中の低山で、典型的な里山なのですが、谷を遡ってみると、とんでもない場所があります。星田の山々はほぼ東西に並んでいて、おそらく断層帯のせいだと思うのですが、その谷は150〜200mくらいのところに大なり小なり滝があります。断崖を水が流れ落ちて、里山の割には急峻な谷を作っているという訳です。さらに、昔(江戸時代〜戦前まで)は星田の山々はハゲ山だったと言われています(1)(2)。そのせいで、崩落が続いた谷は急峻となり、麓にでてもその土砂の堆積で川が天井川となり、たびたび氾濫を起こしていた、そういう源流をもった寝屋川水系はどんなものだったか・・・下ってみてそんなことが感じられたらと思います。

P1010523
◆寝屋川上流・傍示川と源流の山々

基本的な参考サイトは
(1)大屋さん:http://www.eonet.ne.jp/~k-oya/mounthorm.htm
(2)ふるさと交野の地名:http://www.cwk.zaq.ne.jp/fkfzb100/yumesite/timei/hosida1.htm#jigokudani

■マップ:Googlemapを旧版に変えました

こちらのほうが扱いやすいですが、時々動作がおかしくなる、距離がマイルで表示されるなどの問題があります。もう修正しないだろうなあ。


より大きな地図で 河内水紀行(旧) を表示

続きを読む "河内水紀行 寝屋川くだり(1)源流徘徊"

| | コメント (1) | トラックバック (0)