河内水紀行

2016年1月19日 (火)

古堤街道散歩(4)

2016年1月8日



 古堤街道つづきです。
 以前、住道から太子田までは歩いていますが、寝屋川沿いだったので、高いコンクリ塀しか見えず、たまらず太子田から古堤に入ったのでした。今回は逆コースで住道経由、中垣外まで歩きます。
 古堤街道のこのコースもカルタウォークの記録があります。参考にしながら・・・後参考ですけど。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kanahori/daitouwalkfuru2.htm

R7313038
◆中垣外の「すぐいこま」道標

続きを読む "古堤街道散歩(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

野崎道・旧古堤街道散歩(3)

2016年1月8日



 野崎道・旧古堤街道歩きも徳庵でウロウロしている内に、桂春団治さんが亡くなられたというニュースが飛び込んできました。9日午前0時11分、享年87歳(85)。かっこいい人やったなあと思う。シャキッと羽織を脱ぐシーンも何回か見せてもらった。ご冥福をお祈りします。
  たしか、「野崎詣り」が十八番の一つやったなあ。ボクが野崎みちを歩いている最中に亡くなられたとは・・・絶句ものですが、なにかのご縁なので落語「野崎詣り」を少し調べてみました。
世紀末亭さん:http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug124.htm (枝雀さんモノでっけど・・・)

 喜ぃ公、清ぇやんが「えぇ時候になったんで、ひとつ野崎さんへお詣りしょ~やないか」というところから噺が始まる訳でございます。五月一日から七日は野崎さんの「無縁経法要」があって、大勢の人がお参りするのです(野崎参り、野崎詣)。野崎参りは江戸時代の元禄年間(1688~1704)から盛んになったといいます。ボクも昔お参りしました(電車で)。

 喜ぃ公、清ぇやんは、「・・・大坂城を通り過ぎ、片町、京橋、さて徳庵堤(注:ここは、とっくぁんつつみと聞こえる)にかかってまいりますといぅと、なんと申しましても、大勢の人でございます。」
 ここで、喜六が「歩き疲れた」と言うので、清八は「住道まで歩かさへん、舟でいこかい」となるのですが、「それはいやや」と喜六。
 これからすると、おそらく今福のあたりから舟に乗るようになっていたと思います。野崎詣りの時期だけ、普段は荷物を運んでいた舟(肥えタゴ舟もあったのか?)に人を乗せるようにしていたらしいです。もちろんちゃんとした屋形船もあったはずです。
 徳庵川(井路)は1655年(明暦元年)に開削され、土手ができます。それが後には野崎道・古堤街道になります。今の川は寝屋川でコンクリートの垂直護岸で高い塀があり、川面さえも見えませんが、開削されて以後、徳庵堤の土手にはナタネがたくさん植わっていたのでしょう。また、ナタネ畑も周辺にたくさんあったのかも知れない。5月のこの時期は「どこを向いても菜の花盛り」という光景だったのでしょう。そこをのんびりと野崎参りの舟がゆく。
 喜ぃ公はいやいやながら舟に乗っていくのですが、「しゃべってんと口ん中に虫がわく」というやっかいな性分で、徳庵川(井路)に入って、「道行く人とケンカでもしたらどうや」と指南され、おそるおそるながら口でちょっかいを出し、ワヤクチャ言って口げんかするのですが、そのクセすぐやり込められる。まことにのどかな徳庵堤の初夏の光景が語られます。
 野崎道・古堤街道は徳庵からは、諸福、太子田なの在所では川筋から離れる場合もありますが、おおむね川沿い、土手上を通りますので、住道までは、土手組と舟組とで言い合いしもって野崎観音に向かったのでしょう。

 春団治さんの落語聴きましょいな。まこと平和でのどかな河内平野の風情、そこをヤイノヤイノ言い合いながらお参りする大坂庶民の心根に触れることができ、ほっこりします。
改めて、春団治さんに合掌。

R7312832
◆古堤街道・中茶屋の道標

---

続きを読む "野崎道・旧古堤街道散歩(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

野崎道・旧古堤街道散歩(2)

2015年12月27日


 古堤街道の今福からの続きです。
 古堤街道は、1655年に徳庵川(井路)開削されて以降は徳庵川(今の寝屋川)右岸を通って徳庵に至るようになりますが、それ以前は、旧大和川沿いに南に湾曲しながら今津(今の放出駅付近)を通り徳庵に至っていました。その道跡を徳庵まで歩いてみます。

P1010166
◆徳庵 洪水記念碑(というより、防水碑)

続きを読む "野崎道・旧古堤街道散歩(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野崎道・旧古堤街道散歩(1)

2015年12月27日


 久しぶりの街ブラです。河内水紀行の一部でもあります。
 カメラの修理品を受取に行った帰りに、京橋から野崎道、旧古堤街道を徳庵まで散歩しました。

 古堤街道は「大阪府誌」によると、「・・・・大阪市北區相生町國道第二號路線より起こり、東成郡鯰江村、榎本村、北新開荘村及び北河内郡今津村、古宮村、南郷村、住道村等を経て同郡四條村大字中垣内山間に於いて左右に分かれ、右は短距離にして奈良縣生駒郡井駒村に通じ左は少しく東北に觸れ田原村大字上田原國界より生駒郡北條村に通ずるものとす。・・・・」 というもので、大和への流通幹線である他に、野崎観音や生駒越えで寳山寺等に詣でる重要な街道でした。
 ボクは太子田から片町までの寝屋川沿い、住道付近、龍間付近、出店付近などと、部分的には歩いておりますが、河内から阪奈道路のぐにゃぐにゃを見ると、通しで歩く気力がどうしても湧いて来ません。
 今回は平地の街ブラ、(1)京橋から蒲生、今福、(2)極楽橋を渡って、今津、徳庵までを歩きました。

P1010004
◆京橋付近の古堤街道(野崎道)

■ここでちょっと、古堤街道関連の歴史の整理(主なものだけ)
・鯰江川は16世紀後期に開削。
  その後、三郷井路(五ヶ門井路と榎並井路)が今福の三郷橋の下で合流するようになった。
・古堤街道は鎌倉時代からあるらしいが、不祥。明治以前は大和道、奈良道など(住道までは野崎道とも)と言われ、野田から徳庵までは、(1)鯰江川右岸を蒲生、今福と来て、(2)旧大和川沿いに南に湾曲しながら今津(今の放出駅付近)を通り徳庵に至っていた。
・1655年:徳庵川(井路)開削。このとき以降は徳庵川右岸を通って、徳庵に至るようになった。
・1704年の大和川付け替え
 この後、
・1705年から、深野池干拓・新田開発。寝屋川を徳庵井路に繋げた
・1708年:徳庵井路に平行して六郷井路を開削。この井路は新開池干拓・新田開発による悪水を受け持った。
・明治以降は正式に「古堤街道」という名がつけられた。
・1907/28年:徳庵井路と六郷井路の仕切りを取り壊し、1本の寝屋川とした。
・1968年:第2寝屋川開設
参考文献:「河内平野の変貌と寝屋川の歴史」 山野寿男 ちんちょうち Vol4(2012)

それでは京橋から。

続きを読む "野崎道・旧古堤街道散歩(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

天野川散歩2 磐船神社

2014年11月24日          


 前回は、星田から歩いて、天野川の徒渉点を確認し、現ゴルフ場を越える古い道を確認しましたが、デジカメの自動開閉レンズキャップを落として意気消沈して帰宅。その後の天野川散歩です。
 今回はおとなしく私市から天野川沿いのハイキングコースを歩いて行きます。今日ははことのほかハイカーが多く、ハイキングコースも家族連れでごった返しています。なかなか追い抜かしてくれない。府民の森の駐車場も、なんと満杯でクルマが並んでいましたし、国道168の旧道部分を臨時駐車場として解放していました。路上駐車もあったけど。

 磐船神社は何回も来ていますが、はずかしながら、磐座をまだ見ていないのです。まずはそこに向かいます。

Pb240800
◆磐船神社磐座

Google
◆GoogleMapから、星田-三国境

 

続きを読む "天野川散歩2 磐船神社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

■弁財天の谷と萱尾八丁古道探索

2015年2月21日

 実に久しぶりの星田の山です。さらに、約3か月ぶりの山歩きです。

 「星田の山と谷をくまなく歩く」というテーマで歩いておりますが、だいたいの谷筋は歩いたものの、寝屋川(川名です)の最東になる谷を歩いていませんでした。場所は、傍示川-地獄谷川の最も東、「宗圓ころり」の尾根筋のすぐ西にある支谷。これより東、宗圓ころり尾根の東の谷は妙見川で天野川水系となり、はるばる枚方で淀川に合流し、京橋で寝屋川と合流します。
 さらに、大昔、まだ小松寺があったころには、星田の人は、現在の南星台の地を通り地獄谷川を遡って、途中、弁財天の尾根道か萱尾八丁の尾根道を通って、北の小門経由、西の大門から小松寺に入って行ったといいます。廃寺になってからは多分星田の人の柴刈り山への道となっていたのでしょう。 (廃)小松寺は、平安期の845年から江戸元禄期の1703年まで星田山中の小松山にあった七堂伽藍の真言宗東寺はのお寺です。今は昭和40年頃からゴルフ場(現在は、ゴルフクラブ四條畷。)の一部になって入れません! http://www.eonet.ne.jp/~k-oya/haikomatutera.html  

 

さらにさらに、そのメインルート(萱尾八丁道としてよいのか?)も南星台の奥にD大のグラウンドができて、あろうことか、通行禁止にしているので、萱尾八丁の古道自体も通れません。使わない道は消えて行くばかりですが、数年前吉本山東谷を下ったときには、下部のほうにはまだ道が明瞭に残っていたので、尾根道もまだあるはずです。その道を探しに行きます。

「散歩」とは言いがたいので「山野跋渉」のブログにアップしております。こちらを見てください。

サイズ変更P2211462
◆弁財天尾根をのぼる古道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

穂谷川をあるく(4) 藤阪-牧野河口

2014年11月3日



 今日は藤阪から牧野の河口までを歩きます。距離は短いので昼前に出発です。しかし、藤阪でいきなり道草をします。

Pb030151
◆招堤南町あたりの穂谷川

手動で拡大してください



 今日からデジカメに新しいのが加わりました。オリンパスXZ-2。型落ちですが、街ブラ、ウォーキングには性能十分、しかも安い。オリンパスEPL-1があまりに彩度アップした画像になるのと、パナソニックLX2が多少くたびれてきたので、新調しました。さて、どんな画像を出すか?



続きを読む "穂谷川をあるく(4) 藤阪-牧野河口"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

穂谷川をあるく(3) 穂谷-藤阪

2014年10月30日


 穂谷の核心である奥の谷を歩き終えました。尾根を越すごとに谷あいの盆地が広がり、その谷ごとに違った里山の風景が見られます。四季を通じて楽しめそうなところ、その美しさは穂谷の奥庭といってもいいでしょう。
 事後、穂谷の里山に関する重要な論文に出合いました。関西外大の浅野先生の論文で、里山学、もっと突っ込んで穂谷学というようなものです。穂谷里山への愛に満ちあふれている。じっくり読ませていただきます。
http://opac.kansaigaidai.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.UTF-8/DB00000243/Body/r087_11.pdf
http://opac.kansaigaidai.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.UTF-8/DB00000398/Body/r093_08.pdf

 穂谷の村へ下って行きます。

Pa303224_2
◆穂谷の集落を望む

■あいかわらず小回りが効かない新マップ。手動で拡大、移動してもらわないといけません。

. . .

続きを読む "穂谷川をあるく(3) 穂谷-藤阪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

穂谷川をあるく(2) 横峯越-穂谷里山

2014年10月30日



 穂谷川上流は歩くにはイマイチだったので、もっと穂谷らしい所を歩きたいと思います。
 穂谷は2009年に「にほんの里100選」に選ばれていて、穂谷の水田(棚田)、池沼(溜池)、里山がその構成要件となっています。WEBでもいろいろ探訪記が出ていますが、コスモス園とか、圃場整備したあとの田んぼを見たりしていて、「それは本来の里山と違うやろ」と。場所も、写真を見ると、穂谷集落や、枚方の野外活動センターに登るえびこ道周辺が多くて、違うとは言えないまでも、核心をかすっているだけな感じがします。しかし、穂谷で活動しているNPOや市民団体などは、さすがに核心部である穂谷の奥の谷を歩いているようです。

Pa303159
◆穂谷の奥の谷最奥部

 ボクは横峰越を越して、尾根道を通って穂谷へ降りるケースが多いのですが、もっと穂谷の山里の核心を歩いてみたいというのが今回のテーマです。
 さて、横峰越も、棚田、溜池、里山はなかなかのものですが、この横峰越を歩いた後、穂谷の奥の谷に直接降りることはできないかな。そうすれば、違う里山を二度楽しめる。穂谷の尾根筋を最後まで歩いて、後戻りする形で穂谷の奥の谷にも行けますが、ちょっと重複感があります。

 そこで考えたルートは・・・
私市-尺治川ーくろんど園地-くろんど池ー(場合により、大和傍示-天王道)-高山狭戸の谷-横峰越・・・尾根下降・・・穂谷奥の谷-穂谷
こんな感じです。

より大きな地図で 穂谷奥の谷 を表示

 ここで、穂谷の里山の核心部の谷は固有名詞を知らないので、ここでは「穂谷奥の谷」としておきます。
 穂谷奥の谷にどうやって降りるかですが、地図から(1)三国境のピークから西北に降りる尾根、(2)三国境から天王への山道が東に折れ曲がる地点から西に降りる尾根を探索することにします。

■尾根の下降ルート(地理院地図)Yokominene


続きを読む "穂谷川をあるく(2) 横峯越-穂谷里山"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

穂谷川をあるく(1) 穂谷川源流-穂谷

2014年10月28日


 ある人のリクエストという訳ではないんですが、穂谷川を水源から下ってみることにしました。穂谷川は、いつも好んで歩いている、今で言う京阪奈府境付近、山城・河内・大和の三国境付近を水源としているのです。 お気に入りの横峰越とからめて、穂谷川水源を探索し、穂谷、尊延寺、藤阪、牧野と歩いて淀川に下ってみようという趣向です。

 地図をみると、穂谷川の源流は、郡南街道(枚方郡山線)が交野山の南で越える峠から北に200mほど延びている小さな尾根の東斜面らしい。ゴルフ場で地形が変わっているかも知れませんが、穂谷川はそこから、ゴルフ場の南コースの際をかすめて、霊園を通り過ぎて流れ下ります。 尾根の先端の小ピークには送電鉄塔があって、そのすぐ北はゴルフ場になっています。そのエリアの雨水は白旗池の上流になっていて免除川-天野川と流れて行くようです。
 まずは送電鉄塔のあるピークに行ってみます。

P1040360
◆穂谷川上流、畜産団地付近

■地理院地図
Photo

■GoogleMap(新)
これは使えんなあ!?拡大切出しカスタマイズはどうするんやろ?

続きを読む "穂谷川をあるく(1) 穂谷川源流-穂谷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)