天王

2015年6月26日 (金)

神君伊賀越のみち(2)穂谷越え


 これから穂谷へ向かいます。
 さて、平井氏が、また沙弥安と「けんしき」がどこを案内したのか、それが問題です。

【かいがけ道傍示越】
 星田から穂谷へ行くのは「かいがけ道」が最短でしょう。これは歩きやすい古道で、河内の傍示を通り傍示越えで大和傍示に至り、天王経由で穂谷に降りる。また、高船経由で普賢寺谷に降りるのも簡単です。
 問題は河内傍示に伊丹氏がいることです。かつて摂津国伊丹城の城主であった伊丹兵庫守親興が、足利義昭に加勢して織田信長と戦った。結果、敗退し、高槻芥川城に逃げ込んだものの、この城も織田方の荒木村重に落とされ親興は討死した。残った「伊丹一族」は淀川を渡って交野の地に逃げこんだが、織田方の追手が厳しく、竜王山のうしろにある「傍示の里」に入り込んだ。伊丹氏が傍示の里にやってきたのは天正元年(1573)のことと言われています。
http://www.konishi.co.jp/html/fujiyama/itaminorekishi/Part_4/page10.html

 以来9年、せっかく安住の地を見つけた伊丹氏にしてみれば戦闘意欲はなくなっているにしても、30人もの武者が迫ってきたら、「まだ追って来るのか!」 と、悪くすれば死に物狂いで戦うことにもなるでしょう。家康は伊丹氏の情報も仕入れていて、そんな場所には近づかない。要は、危ないことはなにもしない、 誰にも会わない。これが行動の基本だったでしょう。
P1120109R1219917 ◆かいがけ道          ◆河内傍示

続きを読む "神君伊賀越のみち(2)穂谷越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

穂谷から興戸へのみち(1) 宇頭城まで

2015年4月2日


 今日は、河内は穂谷から、河内-山城国境尾根を通って山城は普賢寺宇頭城、峠越えして興戸へ出ます。河内から山城への尊延寺越といわれる三つの峠を越えてみたいのです。

 大阪府教育委員会の報告書によると、「天神森越の道筋は国道が、水取越の道筋は府道がそれぞれ踏襲しているが、旧道は消滅している。槍越は土取りなどで旧道は殆ど消滅している。」
  とすると、一番北にあるのが、天神森越。尊延寺から分れて来ますが、現在は国道307が通っています。これは田辺街道でしょう。その次が、槍越。土取り、残土置場になっていて通れません。 枚方市のサイトでは尊延寺越道として、尊延寺から東北に山越えをするように道が描かれています。行き着く先は興戸です。途中、針木谷を下って、あるいはその北の尾根を下って、宇頭城経由で、普賢寺谷へ降りるようにもなっていたのでしょう。 https://www.city.hirakata.osaka.jp/site/kyoiku/higasikouyakaidou.html
一番南が水取越。これは峠越えしてすぐに、宇頭城に行く道と、水取経由で精華町や打田経由で大和に至る道に分れます。
 いろいろWEBを見ていると、その他に宇津木越というのがあるそうですが、水取越から分岐して宇頭城に行く道なのか、槍越の手前から分れて、地図の「普賢寺峠の裏」と描かれたあたりから、普賢寺千草原に下って、宇頭城に至る道なのか、よく分かりません。

R0010944
◆宇頭城のみち

 今回は、穂谷から入って、国境尾根上を水取越の峠に至り、宇頭城へ下ってみます。さらに宇頭城の谷を遡って峠を越え、興戸まで歩きます。地図には峠越えの道が描いてありますが、はたして道があるのか?

Google
◆GoogleMapに書き込み

続きを読む "穂谷から興戸へのみち(1) 宇頭城まで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

河内・私市から山城・興戸へのみち(2)横峯越-興戸

2015年3月26日



 訳あって、河内、具体的には星田から山城は興戸(三山木でもいいですが)への最短経路を探っています。「天王道」を終って、天王、水取、普賢寺と進む訳ですが、天王に行くなら山道を通って、朱智神社経由でいくのが早そうなのですが、ここでまた道草します。

R0010436
◆横嶺越の定点観察

続きを読む "河内・私市から山城・興戸へのみち(2)横峯越-興戸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

河内・私市から山城・興戸へのみち(1)天王道まで

2015年3月26日



 訳あって、河内、具体的には星田から山城は興戸(三山木でもいいですが)への最短経路を探っています。
 今回は、私市カントリーの谷筋にあったと考えられる道から峠(自称、くろんんど越としておきます)を探り、くろんど池に降りて、天王経由で興戸まで歩きます。途中、まだ歩いていなかった「天王道」を通ってみます。

R0010339
◆自称、くろんど越

 創元社「関西ハイキングガイド」を見ていると、星田妙見-今の星田園地-磐船神社-今の私市カントリーの中-くろんど池をめぐるハイキングルートだったことが示されています。この道は現在の私市カントリーゴルフ場の中を通るハイキングルートとは違い、ゴルフ場の中の谷筋を通っているようです。ゴルフ場の中は通れないので、府民の森・くろんど園地のスイレン池から兎が原を通ってくろんど池に至る道で、国境(現、府境)を越えるあたりから尾根に上がり、国境沿いに自称「くろんど越」に行ってみます。

Img_0001r
◆創元社「関西ハイキングガイド」第3版S50)

続きを読む "河内・私市から山城・興戸へのみち(1)天王道まで"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

天野川散歩

2014年11月20日

 久しぶりの地元ネタです。ある目的があって、星田から河内・山城・大和国境、三国境に行く古い最短ルートを探しています。ただし、私市経由はしないという条件付きです。今なら、妙見川沿い-ほしだ園地を通過というのが普通でしょうが、妙見川沿いの道も通らないことにします。「ある目的」とは、まだヒミツです。まあ、地図をみておれば鋭い人は分かるでしょうけど、参考文献を読んでからストーリーをはっきりさせ、それからオープンにしたいと思います。それまでは「天野川散歩」とか、普通に散歩タイトルを付けておきます。

Google
◆GoogleMapから、星田-三国境

続きを読む "天野川散歩"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

穂谷川をあるく(4) 藤阪-牧野河口

2014年11月3日



 今日は藤阪から牧野の河口までを歩きます。距離は短いので昼前に出発です。しかし、藤阪でいきなり道草をします。

Pb030151
◆招堤南町あたりの穂谷川

手動で拡大してください



 今日からデジカメに新しいのが加わりました。オリンパスXZ-2。型落ちですが、街ブラ、ウォーキングには性能十分、しかも安い。オリンパスEPL-1があまりに彩度アップした画像になるのと、パナソニックLX2が多少くたびれてきたので、新調しました。さて、どんな画像を出すか?



続きを読む "穂谷川をあるく(4) 藤阪-牧野河口"

| | コメント (3) | トラックバック (0)