« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月28日 (月)

野崎道・旧古堤街道散歩(2)

2015年12月27日


 古堤街道の今福からの続きです。
 古堤街道は、1655年に徳庵川(井路)開削されて以降は徳庵川(今の寝屋川)右岸を通って徳庵に至るようになりますが、それ以前は、旧大和川沿いに南に湾曲しながら今津(今の放出駅付近)を通り徳庵に至っていました。その道跡を徳庵まで歩いてみます。

P1010166
◆徳庵 洪水記念碑(というより、防水碑)

続きを読む "野崎道・旧古堤街道散歩(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野崎道・旧古堤街道散歩(1)

2015年12月27日


 久しぶりの街ブラです。河内水紀行の一部でもあります。
 カメラの修理品を受取に行った帰りに、京橋から野崎道、旧古堤街道を徳庵まで散歩しました。

 古堤街道は「大阪府誌」によると、「・・・・大阪市北區相生町國道第二號路線より起こり、東成郡鯰江村、榎本村、北新開荘村及び北河内郡今津村、古宮村、南郷村、住道村等を経て同郡四條村大字中垣内山間に於いて左右に分かれ、右は短距離にして奈良縣生駒郡井駒村に通じ左は少しく東北に觸れ田原村大字上田原國界より生駒郡北條村に通ずるものとす。・・・・」 というもので、大和への流通幹線である他に、野崎観音や生駒越えで寳山寺等に詣でる重要な街道でした。
 ボクは太子田から片町までの寝屋川沿い、住道付近、龍間付近、出店付近などと、部分的には歩いておりますが、河内から阪奈道路のぐにゃぐにゃを見ると、通しで歩く気力がどうしても湧いて来ません。
 今回は平地の街ブラ、(1)京橋から蒲生、今福、(2)極楽橋を渡って、今津、徳庵までを歩きました。

P1010004
◆京橋付近の古堤街道(野崎道)

■ここでちょっと、古堤街道関連の歴史の整理(主なものだけ)
・鯰江川は16世紀後期に開削。
  その後、三郷井路(五ヶ門井路と榎並井路)が今福の三郷橋の下で合流するようになった。
・古堤街道は鎌倉時代からあるらしいが、不祥。明治以前は大和道、奈良道など(住道までは野崎道とも)と言われ、野田から徳庵までは、(1)鯰江川右岸を蒲生、今福と来て、(2)旧大和川沿いに南に湾曲しながら今津(今の放出駅付近)を通り徳庵に至っていた。
・1655年:徳庵川(井路)開削。このとき以降は徳庵川右岸を通って、徳庵に至るようになった。
・1704年の大和川付け替え
 この後、
・1705年から、深野池干拓・新田開発。寝屋川を徳庵井路に繋げた
・1708年:徳庵井路に平行して六郷井路を開削。この井路は新開池干拓・新田開発による悪水を受け持った。
・明治以降は正式に「古堤街道」という名がつけられた。
・1907/28年:徳庵井路と六郷井路の仕切りを取り壊し、1本の寝屋川とした。
・1968年:第2寝屋川開設
参考文献:「河内平野の変貌と寝屋川の歴史」 山野寿男 ちんちょうち Vol4(2012)

それでは京橋から。

続きを読む "野崎道・旧古堤街道散歩(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »